竹芳洞
トップページ
ギャラリー
竹芳洞の紹介
通信販売
アクセス
リンク
 

作:武井武雄
 
 
現代美術木版画手摺り処 『竹芳洞』 のホームページです。
竹芳洞は、現代木版画の手摺り処として60年以上の歴史があります。
川上澄生・前川千帆・初山 滋・川西英といった現代木版画の先駆者的な作家の小作品や、
畦地梅太郎・北岡文雄・馬渕 聖 ・池田修三
ほか現代木版画家のオリジナル作品をの摺りを手掛けてまいりました。(敬称略)

現代木版画の摺りを請け負います。 「イメージ通りに摺り上がりましたか?」 出張講師も承ります

    今 月 の 竹 芳 洞 手 摺 木 版 画 カ レ ン ダー 
            1 月


   『 ど ん ど 焼 き 』


   伊 藤 卓 美 : 作

◆竹芳洞手摺木版画カレンダーは、通信販売ページより販売をしております。


 〇●〇●〇 お 知 ら せ 〇●〇●〇


              

 ◆2020年度竹芳洞手摺木版画カレンダー 販 売 中  

 ◆東急沿線・街の情報誌「ザ・グローイング」122号 大倉山駅周辺エリアの誌上に掲載されました。

 ◆TV神奈川『NEWS ハーバー』(2017年9月15日放送)にて当工房が紹介されました。

 ◆TV神奈川『あっぱれ!KANAGAWA大行進』大倉山特集(2017年3月4日放送)にて当工房が紹介されました。


 ◆webメディア 『森ノオト』から、竹芳洞の仕事場が覗けます。

〇●〇●〇 各 所 展 覧 会 新 着 情 報 〇●〇●〇
 ≪ 畦地梅太郎記念美術館 ≫
 
    
  山男とやまのおと展 
           
        2020年2月7日(金)~2020年5月11日(月)      
    

  畦地梅太郎は、愛媛県北宇和島郡二名村 (現:宇和島市三間町) 出身の版画家です。 畦地梅太郎の作品には、表情豊かな山男たちが登場します。 厳しい自然の中でらいちょうに出会い、心がなごむひと時。 山頂で見た深く濃い青空。 独り山を歩き、感動したものを木版画に刻み続けた畦地梅太郎は、山男を通して、自分の気持ちを生き生きと表現しました。
  今展では、山男が山で心いやされ、生あるもの全てに愛のまなざしを注いで制作した作品を展示します。 また、畦地梅太郎が自分の山歩きについて著した画文集や愛用した水筒・飯ごうも展示しています。 山男が聞いたやまのおとをご一緒に感じてみてください。

      愛媛県宇和島市三間町務田 180-1 (「道の駅みま」内)
 
   ≪ 愛媛県美術館 ≫
 
    
  UMETARO AZECHI 
       IN THE MOUNTAINS,
       IN THE BOOKS.

           没20年 畦地梅太郎 

        2020年2月1日(土)~2020年3月29日(日)      
    
           ( 会期中、多数のイベントがあります )

  畦地梅太郎は、愛媛県北宇和島郡二名村 (現:宇和島市三間町) 出身の版画家です。 畦地梅太郎は、山の風景や生き物、代表作である山男など、様々な角度から山を表現し、「山の版画家」として広く知られるようになりました。
  本展では、愛媛県美術館での10年ぶりの回顧展として、初期から最晩年までの200点を超える版画作品を展示いたします。 また、山岳文芸雑誌『アルプ』での活動をはじめ、書籍の装丁や蔵書票に表された、畦地梅太郎の豊かな思考に触れることのできる「本の仕事」についても紹介します。 自らの生涯を「とぼとぼ」と表現したように、地に足をつけて急ぐことなく画業を積み重ねた、その人と作品の魅力をあらためて生誕の地から伝えます。

      愛媛県松山市堀之内
  ≪ 畦地梅太郎記念美術館 ≫
 
    
  畦地梅太郎賞 
       受賞作品とともに

           日本版画協会 「畦地梅太郎賞」 受賞作品10点とともに畦地作品を展示 

        2019年11月22日(金)~2020年2月3日(月)      
    開 催 中

  畦地梅太郎は、愛媛県北宇和島郡二名村 (現:宇和島市三間町) 出身の版画家です。30歳の時に日本版画協会会員となり、74歳で名誉会員となりました。1999年96歳で永眠した畦地の業績をたたえ、日本版画協会は、2000年の第68回版画展から 「畦地梅太郎賞」 を設け2009年の第77回展までの10年間この賞が継続されました。
  今回の展示会では、畦地作品とともに、10点の畦地梅太郎賞受賞作品を展示します。

      愛媛県宇和島市三間町務田 180-1 (「道の駅みま」内)
 

 

 掲載の版画作品には、すべて著作権があり無断使用は禁じられています。 
Copyright:(C)2011 竹芳洞 All Rights Reserved