竹芳洞
トップページ
ギャラリー
竹芳洞の紹介
通信販売
アクセス
リンク
 

作:武井武雄
 
 
現代美術木版画手摺り処 『竹芳洞』 のホームページです。
竹芳洞は、現代木版画の手摺り処として60年以上の歴史があります。
川上澄生・前川千帆・初山 滋・川西英といった現代木版画の先駆者的な作家の小作品や、
畦地梅太郎・北岡文雄・馬渕 聖 ・池田修三
ほか現代木版画家のオリジナル作品をの摺りを手掛けてまいりました。(敬称略)

現代木版画の摺りを請け負います。 「イメージ通りに摺り上がりましたか?」 出張講師も承ります


    今 月 の 竹 芳 洞 手 摺 木 版 画 カ レ ン ダー 
            4 月


 『 鈴木大拙先生と猫 』


    谷 内 正 遠 : 作

◆竹芳洞手摺木版画カレンダーは、通信販売ページより販売をしております。


 〇●〇●〇 お 知 ら せ 〇●〇●〇


「二人の天使」池田修三   「だっこ」池田修三  2019年手摺木版画カレンダー

 ◆通信販売「池田修三」に『二人の天使』『だっこ』の2作品をを追加致しました。

 ◆東急沿線・街の情報誌「ザ・グローイング」122号 大倉山駅周辺エリアの誌上に掲載されました。

 ◆TV神奈川『NEWS ハーバー』(2017年9月15日放送)にて当工房が紹介されました。

 ◆TV神奈川『あっぱれ!KANAGAWA大行進』大倉山特集(2017年3月4日放送)にて当工房が紹介されました。


 ◆webメディア 『森ノオト』から、竹芳洞の仕事場が覗けます。

〇●〇●〇 各 所 展 覧 会 新 着 情 報 〇●〇●〇
≪ 畦地梅太郎記念美術館 ≫
 
    
  畦地梅太郎没後20年 あし跡展
       

        2019年5月10日(金)~2019年7月29日(月)   
 

  畦地梅太郎は、愛媛県北宇和郡二名村(現:宇和島市三間町)出身の版画家です。自然を慈しみ、山をこよなく愛する畦地梅太郎は、「山の版画家」として親しまれました。そんな畦地作品は、温かいぬくもりとおおらかな人柄を感じさせ、木版ならではの素朴さの中には、洗練された感性や感覚が満ち溢れています。
  今展では、没後20年を迎えるにあたり、制作年代を追いかけながら展示いたします。

      愛媛県宇和島市三間町務田 180-1 (「道の駅みま」内
  
 ≪ 町田市立国際版画美術館 ≫
 
    
   THE BODY 
     −身体の宇宙−


        2019年4月20日(土)~2019年6月23日(日)   月曜日休館   
 

   15世紀の西洋の古版画から現代日本の美術家の作品まで、約140点から小宇宙ともいうべき身体の世界を紹介いたします。

      東京・町田市原町田4-28-1
 ≪ 畦地梅太郎記念美術館 ≫
 
    
  兵頭一夫展
      ー痕跡は虚実のはざまにー 


        2019年2月1日(金)~2019年5月6日(月)   
 開 催 中

  1940年宇和島市生まれ。愛媛大学教育学部卒業。現在、宇和島市在住の作家として根をおろしている。宇和島の地でセクトや肩書にとらわれることなく、自分の立つ位置でじっくり腰をすえ、特にジャンルを意識することもなく自由な創作活動に取り組んでいます。
  今展では、新作及び2000年前後以降の近作を含め、約40点の油彩画を中心として展示致します。

      愛媛県宇和島市三間町務田 180-1 (「道の駅みま」内
                                        

 

 掲載の版画作品には、すべて著作権があり無断使用は禁じられています。 
Copyright:(C)2011 竹芳洞 All Rights Reserved